症例ブログ

2016.09.10更新

6歳のモカちゃん。 後肢の麻痺と
痛覚が弱い状態、排尿・排便が少し困難
な状態で来院されました。
鍼治療と電気治療を始めて1週間後から
痛覚が出てきて、腰を浮かせる様に
なりました。
治療して1ヶ月も経っていませんが
今は走る様になってます。

pic20160910132957_1.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.09.10更新

犬の歯の手入れ、されてますか?

歯磨きなど、何もせずにいると
こんなにも歯石がつきます

犬はじっと出来ないので麻酔をかけて
歯石を除去しました。すでに歯周病が進んで
グラグラしている歯があり、何本が抜けました。歯石のバイ菌で心臓が悪くなるとも言われています。トリミングの時に歯のチェック
もします

pic20160910125839_1.jpg

pic20160910125839_2.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

2016.09.08更新

8歳のアニーちゃん。
鼠径ヘルニアの手術をしました!

大きく膨れている部分。
内臓の一部がでてきて、ぎゅっと
締まってしまうと腐ってしまい 危険です。

今回は腸が出てきていました。
ほっておいて腐ってしまう事があると
全身に回り死に至ります。
今までも、そのままにして元気がなくなり
手遅れになった事があります。



pic20160908143238_1.jpg

pic20160908143238_2.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

2015.03.06更新

9歳のクッキー。
尿道に結石が詰まりオシッコが
でなくなりました。
カテーテルを入れ結石を膀胱に戻して
手術をして結石を取り除きました。
結石の種類を検査して、食事療法をします。


                                                  前田 伸幸

pic20150306221658_1.jpg

pic20150306221658_2.jpg

pic20150306221658_3.jpg

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.11.21更新

pic20141121101016_1.jpg

pic20141121101016_2.jpg

pic20141121101016_3.jpg

なかなか治らない皮膚病。
患部の部分の皮膚を培養すると、
カビでした。
土にもあり、どこにでもあるカビ。
免疫が落ちた時に、発症します。
ストレスがかかれば、免疫力低下
します。
自然治癒力高めるシンノオル電子治療と
シャンプー療法してます。
一定期間、真菌のお薬飲みます。
回復してます


投稿者: おおいずみ動物病院

2014.10.02更新

pic20141002110942_1.jpg

突然クルクル回ってじっとできないと
来院される。

眼を左右に振って平行感覚を失い、
酔った状態。(吐きます)
外耳炎からなることがありますが
ほとんどは原因不明です。
1週間ほどで自然になおる場合も
ありますが、ひどい時は、
酔いを抑えるお薬を投薬します。



投稿者: おおいずみ動物病院

2014.10.01更新

pic20141001222421_1.jpg

月曜日から鍼治療と電気治療を始めた
ポコちゃん。
今日水曜日、2回目の治療に来院
されました。

2日前は、全く痛覚なかったのですが
今日は痛覚ありました。
ずいぶん回復して自分で立つことが
できフラフラしてますが歩いていました。

1回の鍼治療で良くなるワンちゃんも
いれば3ヶ月してからやっと効果が
あらわれるワンちゃんもいて様々です。

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.10.01更新

pic20141001201404_1.jpg

いつも病院に行く日を分かっているのか、
「早く病院にいこ~!!」とおねだりするそうです。

鍼治療と電気治療が大好きみたいです。

帰ったあとは、元気いっぱい
家の中を走り回るそうです(^^♪

投稿者: おおいずみ動物病院

2014.09.30更新

pic20140930150043_1.jpg

*この写真は症例とは関係ありません。

当院には、椎間板ヘルニアのワンちゃん
がよく来院します。
その中に、残念ながら年間2例 ほど
脊髄軟化症のワンちゃんがいます。

この病気は生前診断が難しく
椎間板ヘルニアに似た症状で、
後ろ足が麻痺し、呼吸が荒くなり
呼吸中枢まで麻痺して
亡くなってしまいます。
(発症して、約1週間というスピードで)


投稿者: おおいずみ動物病院

2014.09.30更新

pic20140930121824_1.jpg

近頃食欲が異常にあり、多飲多尿。
急に食欲がなくなり、元気がなくなったので
来院される。
血糖値556(正常値 75〜128)、
尿に糖がおりていました。
一晩、点滴で血糖を下げる治療をしました。

今日は点滴がはずれ、落ち着いてる様子。

食欲も戻り、元気です(^^)



投稿者: おおいずみ動物病院

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

犬猫の病気のことでお悩みでしたら、大阪府堺市にあるおおいずみ動物病院まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

tel:072-258-1116

b_btn_telsp.png